売却のプロにお任せ〜土地の事なら不動産へ〜

House

ピックアップ

マンションについて

マンション売却についての詳細を把握している人は少ないでしょう。バブル崩壊と共にマンションの価値は下がってしまったので、売却の際に困った人も多かったようです。価格は時代によっても大きく変化するのです。

五反田の不動産を賢く売却したいなら『フドーセル!』

もっと読む

定期的な査定

土地の売却をする前に、土地の相場を知っておく必要があります。ですので、査定を行うのが一般的です。その際に重要となるのは、査定をするのは1回きりではないという事です。定期的に行いましょう。

もっと読む

任意売却の仕組み

一般的に、競売よりも任意売却のほうが得をすると言われています。もちろん人気売却は専門的な知識が必要なので、手続きが億劫だという方は専門業者に依頼したほうがよいでしょう。

もっと読む

売却の全て

不動産の査定は、会社によって大きく金額が変わるものです。しっかりと価値を見極める為にも、複数の会社に査定を依頼しましょう。

最適な生活を実現する、埼玉の不動産物件をここで発見!依頼者一人一人がもつ、住まいの希望条件を必ず満たします。

滞納から競売までは静かにあっという間にやってくる

任意売却とは、住宅ローンが支払えなくなった時にとる手段の一つです。手段の一つとは言いましたが、任意売却しなければあとは競売しか手がありません。この二択なら絶対に任意売却の方が有利です。 住宅ローンが支払えなくなると、割とあっさりと競売の手続きがはじまります。住宅ローンを滞納して最初の2,3か月は督促状や「競売にかけられますよ」と言った催告通知が送られてきます。だからと言って家に押しかけてきたりということもないでしょう。そのため、もう少しこのまま居座っても大丈夫だろうと油断してしまう方が多いようです。しかしそれは甘い考えです。着実に競売までの手順は進んでいます。 滞納も3か月を過ぎると、借入れ先から保証会社に債権が移ります。こうなると競売開始までは、あっという間です。

競売は精神的ダメージも大きい

保証会社は債権回収のプロです。一刻も早く回収するために行動します。競売手続き開始のお知らせが届くのも、そう先のことではないでしょう。競売が実際に開始されると、もう取り消しができません。 このように競売が開始される前に、任意売却をすることが大切です。どちらも住宅を売却することに変わりはありませんが、売却価格、精神的ダメージ、自由度がまるで違います。任意売却の方が市場価格に近い価格で売却できますので、住宅ローンの残高も減らせます。その後の人生のためにも、少しでも残債は減らすべきです。 ではどうやって、任意売却をすればいいのでしょうか。任意売却には専門業者がいますので、どこか1社に決めて依頼してください。

不動産買取は名古屋の業者でを利用する様にすればすぐにでも物件の査定などを行なってくれる様になっているので利用する方法はとても簡単です。

熊本で不動産売却を行なうのであれば、こちらの会社からサポートを受けるようにしましょう。より高い値段でうるお手伝いをします。

不動産を売る

不動産を売却するする際にかかる経費の中で、大きな額になってしまうのが仲介手数料です。不動産売却を行なう際には知っておきたい仲介料のことを把握しましょう。その他にも大事なポイントはいくつかあります。

もっと読む

競売よりも任意がお得

家や土地を手に入れるまでも大変ですが、手放す際にも気が抜けません。少しでもお得に売りたいのであれば、任意売却を選ぶのが最適です。競売と同じだと思われがちですが、違いがあるので理解しましょう。

もっと読む