売却のプロにお任せ〜土地の事なら不動産へ〜

House

不動産を売る

不動産の売却にかかる金額や価格の傾向について

不動産の売却を行う際、様々な経費がかかります。その中でも大きいのが仲介手数料ですが、中にはどの程度の金額がかかるのか分からず、不動産の売却を躊躇する人も少なくありません。そのため仲介手数料の金額について予め知っておく必要があります。 不動産の売却にかかる仲介手数料の上限は宅建業法で定められており、多くの業者では上限の仲介手数料を請求する場合がほとんどです。上限は売却価格によって変わり、最も高い場合だと、売却金額の3%に6万円を足し、消費税をかけたものとなります。ですが最近の価格の傾向として、他の不動産業者に差をつけるべく、約2%から3%のみと設定している業者が増えてきています。そのため同じ不動産を売却するにしても、別の不動産業者に依頼することで、仲介手数料を安く抑えることが出来る場合もあります。 上記の点をしっかり抑え、お得に不動産の売却を行うことをお勧めします。

不動産売却について

不動産売却の歴史というのは、実はかなり古いです。戦後から考えますとまずは土地の価値が騰がったことがあり、土地持ちというのは、一つの財産家でもあったのです。 特に高度経済成長では、不動産転がしをするだけで財産を築いた人がいるくらいです。不動産売却というのは、とにかく業者にすることが昔では殆どだったのです。しかし、今では個人売買をする人も増えています。 特に資産運用として収益物件を売却、或いは買取をするときには個人売買のほうが様々なメリットがあります。今の流れは出来るだけ不動産屋を通さないで買うことです。或いは、売ることなのです。そうすることが様々な費用をカットできる売却、買い付け方法であると思っている人が多くなっています。