売却のプロにお任せ〜土地の事なら不動産へ〜

House

任意売却の仕組み

なぜ任意売却がいいのか

任意売却は大変複雑で、専門でない人にとってはかなり面倒に感じます。なので、裁判所にすべてまかせられる競売を選ぶ人も多いようです。そこで、なぜ競売をするより任意売却をしたほうがいいのかを説明したいと思います。 まず、競売では市場価格よりかなり低い値段で売られてしまうのに対して、任意売却ではほぼ市場価格で売ることができます。また、競売にかけると売れたお金はすべて借金の返済に回され、手元に一切資金が残らないのに対し、任意売却では交渉によりますが、引越し代や当面の生活費などを残せる場合があります。さらに競売では近所の人に知られてしまい、強制退出させられるまで精神的負担を感じることでしょう。しかし、任意売却では、近所に知られることなく売却ができ、理解のある投資家に買ってもらえばそのままその家に住み続けられる可能性もあります。 他にも、借金が残った場合も分割払いが可能など、競売に比べて任意売却のほうがはるかにメリットが大きいのです。手続きが煩雑で面倒だというデメリットも、専門業者に依頼することでかなり軽減することができます。

任意売却を頼むならどんな業者が良いか

所有する不動産のローン返済に窮すると、競売の恐れが出ることになります。一定期間返済が滞ると債権が回収会社へ移り、ローン残債の一括返済を求められます。それを放置してしまうと不動産は差し押さえの上で競売によって処分されてしまいます。それを避けるために任意売却をすることになります。 任意売却は債権者に仲介を頼む業者を申請してから行うことになります、期限内に売却できる営業力を持つ業者か否かを審査した上で、その審査が通った業者に任意売却を依頼することになるわけです。 これまでは専門の売却期間が手掛けるケースが多かったものですが、今では一般の不動産仲介業者も多く手掛けるようになっています。全国的に活動している大手であれば、安心して任意売却を任せることができるわけです。